メインイメージ

買い時について

厚木での一戸建ての買い時について

厚木市での一戸建ての購入に関しては、いつが買い時なのかは購入者側の状況如何によると言えます。関東の中でも南部に位置しているため、都市圏での住宅事情にそれほど影響を受けることはないと考えられるためです。

むしろ、今後高い確率で起こるとされる首都直下地震であるとか、東日本大震災のように地震発生後の津波への対策を考えておく必要があります。江の島近辺を始めとして長い海岸線がありますから、津波が押し寄せる危険性はそれだけ高いと言えます。

また地震そのものも、海岸線近くを埋め立てて造成している地域特にもともと田んぼなどの農地だったところについては、東日本大震災の時には地震とその後の津波とで土地が液状化現象を起こして使い物にならなくなる土地が多くありました。

厚木市ではもし大規模地震やそれに伴う津波が押し寄せてきたときに向けて対策をとりつつありますが、それでも東日本大震災では大変な被害をもたらしたことを考えると、人間が考える以上に自然災害は巨大なものとして考えておく必要があります。

そのため、この厚木での一戸建てを購入する買い時というのは、購入者が欲しいと思った時であると考えたほうが良く、それ以外で考えるべきなのはどの程度一戸建ての購入資金を用意できるかという点にあります。また、一戸建ての建築を考える際には、たとえば海岸線は避けて高台に建築するなどの考え方もできますので、そうした地域にいい状況の場所があれば早めに購入するという考え方もできます。それが買い時として判断する一つの材料となりえるでしょう。

また、高台にあるとはいっても万が一の場合にはその高台の地盤すらも揺らぐ可能性もあります。よくあるのは地滑りが起きたりして、下にある家が倒壊するといったニュースが流れることもあります。そのため、山の上などの高台だからと言って安心せずに、一戸建ての建築をする上でその下の地盤が大丈夫なのか、大雨などでの地滑りなどの危険性はないかどうかを事前にしっかりと把握した上で購入の是非を考える必要があります。

川が海にそそぐ河口付近や、川の上流や中流にあっても、先述のような大規模災害でなくても大雨などによって増水して、堤防が決壊するなどにより浸水被害などが生じることもあり得ます。こうした観点から購入するべき土地についてはしっかりと考えた上で買い時と一戸建てを建築したいと考える場所を考慮する必要があると言えます。”

Copyright© 2018 厚木で一戸建てを建てるときに気を付けたいポイントまとめ All Rights Reserved.