メインイメージ

厚木エリアで日本家屋

厚木エリアで日本家屋の一戸建てを探す

厚木市は、神奈川県の南部中央にある市で、人口は約42万人になります。この人口の数は、神奈川県の厚木エリアの中では最も多いとされているのです。

厚木市の中心は厚木駅周辺で、東海道線を初めとして小田急江ノ島線や江ノ島電鉄線などの路線が乗り入れしています。夏になると、海水浴を楽しむ人で賑わうエリアでもあり、観光地としての役割もあります。

小田急線の片瀬江ノ島駅の改札を抜けた後、片瀬側の端を渡ると正面は海になります。海沿いを走る車に注意をしながら国道134号線を渡り、真っ直ぐ歩くとそこには江ノ島に渡る橋があります。

後は、橋を歩いて渡ることで江ノ島に行く事が可能になりますが、江の島の中には古くから営業を行っている旅館や、商店街があります。また、江の島には洞窟があり、観光スポットとしての人気が高いエリアも有ります。

尚、江の島の中にも民家があり、住民が生活をしています。

厚木と呼ばれるエリアは特別な定義があるわけではなく、茅ヶ崎からこの江の島周辺までの海沿いのエリアと、辻堂や厚木駅周辺、そして伊勢原や秦野、寒川と言ったエリアを厚木と呼んでいます。

厚木エリアの中でも海沿いの地域は一戸建て住宅も数多くあり、他のエリアからの移住者も数多く生活を行っています。鵠沼海岸周辺には大きな日本家屋の一戸建て住宅もあり、古くからこの地に住んでいる人が多いのが特徴です。一戸建て住宅の敷地の広さも様々ではありますが、日本家屋としての住宅は、100坪を超える住宅も多く有るのが特徴です。

最近は和室の部屋を持たない一戸建て住宅や、屋根瓦を利用せず洋風に仕上げられている屋根を使った一戸建て住宅が多くありますが、昔ながらの日本家屋の住宅と言うのは、住宅の基礎がしっかりしている事からも、物件によっては昭和の時代に建設された建物も数多くあります。

因みに、日本家屋による住宅の中でも、屋根瓦を利用している住宅というのは、住宅の基礎をしっかり築き上げる事で家の重さを支え、どっしりとした趣のある建物を作ることが出来ると言われています。

庭側には縁側が設けられていたり、部屋は全て畳の部屋で作られ、日本の古き良き時代を思い出させてくれる一戸建ての物件も有ります。尚、この周辺の土地価格の相場は高めであり、広い土地を幾つかに分割して分譲しているケースが多く有ります。

土地を割ることで、物件の購入価格も下がり、一戸建て住宅を買いやすくしているのが特徴なのです。”

Copyright© 2018 厚木で一戸建てを建てるときに気を付けたいポイントまとめ All Rights Reserved.