メインイメージ

厚木に一戸建て

厚木に一戸建てを買う時の空調

念願だった夢の一戸建てを新たに購入するとなると、決める事がたくさんあります。間取りや壁紙だけでなく、床材や壁材なども様々な機能を持つものから選ぶことができます。住宅の持てる機能は日々進歩していて、ただ風雨が凌げれば良いというものでもなくなってきました。

住まいの中で欠かせないのは空調です。日本の気候は四季がはっきりと分かれており、夏は暑く冬は寒いのが特徴です。また、夏場は湿度もあがってむしむしする日も多いです。

夏と冬は特にエアコンを毎日つけているという方も多いでしょう。厚木も夏は暑くて冬は寒いので、快適に過ごすためにはエアコンは必要でしょう。無理をして我慢していると身体にもよくありません。最近は一戸建てでは全館空調を取り入れる方もいます。誰もいない場所にもエアコンがかかっているというイメージになります。

なんだか電気代がもったいない、という方もいるでしょう。全館空調のメリットは家中どこへ行っても温度が一定であるということにあります。暑い夏場にエアコンの効いた部屋から出ると一気に熱気を感じたことがある方もいるでしょう。トイレに行く以外はなるべく部屋の外に出ないようになっていたりするものです。冬場も同様で、廊下に出ると一気に寒く感じます。

若くて健康な方ならこういった温度差はちょっと不快に感じるという程度で済みますが、体温調節がまだ発達しきっていない赤ちゃんや、高齢で温度感覚が低下してきている方にとってはあまり好ましい環境ではありません。

冬の夜中にトイレに起きた時や、お風呂の脱衣所で倒れてしまったりすることもあります。気温差は身体に負担をかけるということが知られるようになってからは、脱衣所やトイレに暖房を設置する方のための商品も人気です。

これから厚木に一戸建てを建てるのであれば、全館空調をビルトインするという選択肢もあります。もちろん、各部屋で必要な時だけエアコンをつけることに比べると電気代は高くなりがちですが、もしご家族に体調の優れない方やご高齢の方がいる場合はおすすめです。今はまだ必要ないけど将来的にはという場合もリフォームで導入することも可能です。

断熱性能の高い部材を選ぶようにすると電気代を抑える効果もあります。
厚木ではいろいろな一戸建て物件がありますが、全館空調の一戸建てに興味があるようであれば、モデルハウスやショールームなどもありますので一度実際に体験してみてはいかがでしょうか。”

Copyright© 2018 厚木で一戸建てを建てるときに気を付けたいポイントまとめ All Rights Reserved.